Love, Santa サンタより愛をこめて

2人の子供が成人した今、
子供にサンタさんを信じてほしいと
がんばってきたころを懐かしく思う。

「子どもが小1のときにサンタはいない宣言をしちゃた、
だってプレゼント二つ用意するのは面倒だし・・・」
という合理主義な友の告白に、ほぉ~強いなぁ。。と
唸ったことも。

私はそれなりにがんばりました。

息子に知られたのは、たぶん小6のとき。

プレイステーションの箱裏の保証欄に
「イトーヨーカ堂大船店」のハンコを見たときの彼の顔が
忘れられない。

頭の上にハテナ???がずらっと並んだ顔で
すくっと顔を上げ、ちらっと私を見て、
お互いすーっと視線を外した(笑)。

そのままお互い、ノーコメントで終了。

信じる期間は長かった部類でしょう。
第一子あるある。

娘はいつだったのだろう。今朝、LINEで聞いてみたら、

「小4のころかな、お友達に吹き込まれた気がする。
正体知ってるワタシってオトナ~。
え、アナタ、まだ信じてるのぉ?って
ノリの子がいるじゃない?(笑)」

ちゃっかり彼女は信じているフリを続けてたようなw。
第二子あるある(笑)。

 
親からのプレゼントとはちょっと違う。
サンタさんだからこそ、大興奮する子どもたち。
それを見るのは、親にとっても猛烈にうれしいことだったんですよね、きっと。

でもプレゼントを外してしまうと
(これかぁ。。。)という落胆の顔を見るはめに。
あれね、子どもよりこっちが泣きたくなるね。

「Love, Santa」
(愛をこめて、サンタより)
という絵本を最近、買いました。(まなちゃん先生ご推薦)
中身が取り出せる封筒が貼ってあり、色合いも素敵な仕掛け絵本です。

(小さい子どもに読み聞かせる本ではありません!小学生はやめておきましょう)

サンタさんに毎年手紙を出していた女の子。
8才のクリスマスに
「ママがサンタなの?」と手紙を書く。

ママからのお手紙の返事は、No.

サンタさんはもっともっと大きい存在なの。

あなたが人生を通して今後ずっと必要になるであろう
家族や、友だち、自分自身を信じる心。

外に辛いことがあっても、自分の内側を照らす愛があると
信じることを教えてくれる先生。

(和訳はざくっとデス^^;)

本文ちらりと・・・

今夜、チームサンタのみなさん、頑張ってくださいね!

 子どもが薄目を開けてないか、しかとご注意ください(笑)。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャンツと歌で楽しく伸ばす けこりん英語教材 ポンシリーズ
幼児・小学生英語の会 サロン de ポン

プロフィール

藤林恵子プロフィール写真

藤林恵子
(ふじばやしけいこ)

京都市出身。上智大学外国語学部英語学科卒業。通訳ガイド国家資格、英検1級などの資格を持つ。在学中、ミズーリ州立大学コロンビア校へ留学。卒業後は企業の役員秘書を経て、専門学校の英語講師を務める。米国コネチカット州で5年間過ごした後、横浜で2001年6月から英語教室を始める。子ども向け英語教材『チャンツでポン!』『ダンスでポン!』『英単語でポン!』『英単語でポン!センテンス・会話編』など多数。

詳細なプロフィールはこちら

LINE のスタンプ「おうち会話でポン!」

おうち会話でポン!

家族でよく使うセリフが入力済み。イラストレーターあさこ作のキュートなママとネコで、ポンポン!と軽快にスタンプ会話ができます。

LINE STORE

最近のコメント

ページ上部へ戻る