「英語は、カタカナから学びなさい!」面白いです♪

西澤ロイさんの「英語は、カタカナから学びなさい!」のご紹介です。

151112ロイコラージュ

タイトルに「んん?」となりました?^^。ポイントは「カタカナ”から”」です。
すでに知っているカタカナ英語がいっぱいある。それを最大限活用しない手はない。なるほど!

うちの小3男子でも「結果にコミットする!」っていいますもんね(笑)。commitもちょうど掲載されています。

見開き2ページで1つの単語が完結。とても読みやすいです。
先生なら授業に入れる「ネタ帳」そのもの。即、使えるはずです!

例えばこんな感じ・・・

◎なぜ「本」が「予約する」という動詞になるのか?
◎「腰=ウエスト」ではありません
◎「フライング(flying start)」とは、好スタートのこと
◎「テンションアップ!」は英語では伝わらない
◎しっかり使い分けたい“home”と“house”
etc・・・
こういう「案外知らない豆知識」役立ちます。でもそれだけではないです。
それらを元に英語感覚を広げるヒントが書かれているのがとてもいい!応用できるのですから。

児童英語や中学英語の先生なら
This is apple.
即座に✕をつけたくなると思います。

でも、anなしが「正解」な場合もあるのです。それはどういうとき?
英語で大切な「数えるもの、数えないもの」の感覚。サクっとわかりやすい解説があります。

ロイさんから実は一冊、謹呈いただいたのですが、読ませていただいてとてもいいと思ったので、お友達へのプレゼント用にもう1冊、アマゾンでポチしました。

文庫本サイズでサクサク読めますよ!こちらからどうぞ~↓↓↓


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャンツと歌で楽しく伸ばす けこりん英語教材 ポンシリーズ
幼児・小学生英語の会 サロン de ポン

プロフィール

藤林恵子プロフィール写真

藤林恵子
(ふじばやしけいこ)

京都市出身。上智大学外国語学部英語学科卒業。通訳ガイド国家資格、英検1級などの資格を持つ。在学中、ミズーリ州立大学コロンビア校へ留学。卒業後は企業の役員秘書を経て、専門学校の英語講師を務める。米国コネチカット州で5年間過ごした後、横浜で2001年6月から英語教室を始める。子ども向け英語教材『チャンツでポン!』『ダンスでポン!』『英単語でポン!』『英単語でポン!センテンス・会話編』など多数。

詳細なプロフィールはこちら

LINE のスタンプ「おうち会話でポン!」

おうち会話でポン!

家族でよく使うセリフが入力済み。イラストレーターあさこ作のキュートなママとネコで、ポンポン!と軽快にスタンプ会話ができます。

LINE STORE

最近のコメント

ページ上部へ戻る