とっとと脱ぎなはれ!(笑)

きのうは初の舞台練習でした。普段、リハーサルと本番以外には舞台練習はしないのですが、新作のアナ雪演出がややこしすぎて、舞台でやっておく必要性を感じ。。。

IMG_6792

偶然、クラスが木曜だという理由で舞台に立てちゃった年少「かわいいちょうちょ」クラス。
誰も逃げなかった~泣かなかった~。

本番、客さんがいっぱい座って、客席が暗くなってママが見えなくなっても泣かないか、という不安はありますが、とりあえずハナマルでした。

そのあと「アナ雪」「白雪姫」を4時間かけてやって・・・

そうなんだよなぁ~~と思ったことがひとつ。

多くの子どもは「劇発表」という普段やらないことを先生の趣味に合わせてやらされているわけです。うちはドラマメソッドなどでもない、普通の英語教室なのでそういうのが好きという子ばかりではありません。

でも、私の見る限り、低年齢の子(年中~3年生)は、さっさと適応して、大いに楽しんでくれています。か細い声だった子が、突然あるとき、堂々といい声で発表する、その瞬間をみるのが、実は最大の喜びだったりします。一番心に残るのは華やかな当日よりもその瞬間かも、と思うくらいです。

きのうは高学年中心でしたが「お!!『脱皮』キタ~~~~!\^O^/」と思った子が何人もいました。

問題なのは高学年のどこまでもシャイな子たち。

恥ずかしさというマントが重い、重い。

特に男子に多い(笑)。
そして、グループ配役の子。

白雪姫の小人4名、アナ雪のトロール(6名)のような役の子が脱げないのです。

「自分だけ大きい声出すのが恥ずかしい」という心理が働くのでしょう、
みんなでブレーキ掛け合ってる感じ。

声、動作、表情、なーーんか抑え気味。

ママたちヤキモキ。
「声、もっと出せるでしょうがーーーー」
とめっちゃハッパかけてました^^;。

上の写真は今年4月に入ったばかりでこんな大役を割り振られちゃった
オラフボーイズ。がんばってくれてるー!思い切ってやったほうがかっこいい!

今日からラスト1週。やり残しがないようにしなくちゃ。
がんばります!

IMG_6791


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャンツと歌で楽しく伸ばす けこりん英語教材 ポンシリーズ
幼児・小学生英語の会 サロン de ポン

プロフィール

藤林恵子プロフィール写真

藤林恵子
(ふじばやしけいこ)

京都市出身。上智大学外国語学部英語学科卒業。通訳ガイド国家資格、英検1級などの資格を持つ。在学中、ミズーリ州立大学コロンビア校へ留学。卒業後は企業の役員秘書を経て、専門学校の英語講師を務める。米国コネチカット州で5年間過ごした後、横浜で2001年6月から英語教室を始める。子ども向け英語教材『チャンツでポン!』『ダンスでポン!』『英単語でポン!』『英単語でポン!センテンス・会話編』など多数。

詳細なプロフィールはこちら

LINE のスタンプ「おうち会話でポン!」

おうち会話でポン!

家族でよく使うセリフが入力済み。イラストレーターあさこ作のキュートなママとネコで、ポンポン!と軽快にスタンプ会話ができます。

LINE STORE

最近のコメント

ページ上部へ戻る