通訳者・通訳ガイドになるには

友人の新刊の紹介です。

そもそも職業を知らない問題

将来何になりたい?を言わせてみると、小さいころは
「サッカー選手!」「アイドル!」
と言っていた子も、ちょっとずつ現実的になり

小6の卒業時に聞いたりすると
「え~、なんもない。決まってない・・・
 ユーチューバー?(笑)」
みたいな答えが増えたりします。

職業を知らない、というのも大きいです。

ぺりかん社の「なるにはBooks」は

「少年少女の夢を応援することを目的に
(中略)現代社会のほとんどの職種をカバー
する最大の職業ガイドシリーズ」

だそうで、ありとあらゆる職業のラインナップすごいです。

「バイオ技術者」とか「言語聴覚士」なども
ありました。いいかも!教えてあげたい子の顔が浮かびました。

通訳・通訳ガイドになるには

今回、新しく出た「通訳者・通訳ガイドになるには」では

会議通訳(英語・中国語)
スポーツ通訳(英語)
通訳案内士(ドイツ語・ロシア語)
医療通訳(ポルトガル語)
音楽通訳(英語)

などいろんな通訳の方にインタビューを重ね、
スペシャリストの実像と、どういう学びや経験を
積み上げていけばいいか、わかりやすく書かれています。

スポーツ通訳の方は、元プロのサッカー選手で
今はマリノスの監督の通訳者をされている方。
サッカー男子が興味を持ちそうな経歴。

(↓大学でお隣のクラスだった田村智子さん発見!)

英語教室なら貸し出し図書としても最適。
学校や図書館にはぜひ常備してほしい一冊です。
(リクエストしましょ)

もし具体的に、夢がこっち方向とわかっているなら、
いいプレゼントですよね。

インスパイアするという奥義

夢を見るかどうかは本人次第です。
でも「勉強しないと将来うんたらかんたら・・・」
という脅しの代わりに
具体的な夢をインスパイア*するほうが
数段上のテクニックです。

それができる大人が周りにいる子は
つくづくラッキーだと思います。

*インスパイヤ=inspire 
(人)に着想・ひらめきを与える
(人)を元気づける、
 ~に刺激を与える

本を与えてももしかすると
最初は「ふ~ん」程度かもしれません。
でも心のどこかに残った種からいつ芽が出るかは
わからないものです。

ポンと机に置いてみる小さな投資
アリだと思います。
このあとうちは貸し出します。

アマゾンならこちら


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャンツと歌で楽しく伸ばす けこりん英語教材 ポンシリーズ
幼児・小学生英語の会 サロン de ポン

プロフィール

藤林恵子プロフィール写真

藤林恵子
(ふじばやしけいこ)

京都市出身。上智大学外国語学部英語学科卒業。通訳ガイド国家資格、英検1級などの資格を持つ。在学中、ミズーリ州立大学コロンビア校へ留学。卒業後は企業の役員秘書を経て、専門学校の英語講師を務める。米国コネチカット州で5年間過ごした後、横浜で2001年6月から英語教室を始める。子ども向け英語教材『チャンツでポン!』『ダンスでポン!』『英単語でポン!』『英単語でポン!センテンス・会話編』など多数。

詳細なプロフィールはこちら

LINE のスタンプ「おうち会話でポン!」

おうち会話でポン!

家族でよく使うセリフが入力済み。イラストレーターあさこ作のキュートなママとネコで、ポンポン!と軽快にスタンプ会話ができます。

LINE STORE

最近のコメント

ページ上部へ戻る