サマーレッスン おすし工作 Kids Craft Sushi

ブログご無沙汰してしまいました。復活!

サマーレッスン1回目の記録から。
テーマはインターナショナルになったSushi。
お寿司じゃないよ、SUSHIだよ、と発音からそれらしく(笑)。

完成作品とお茶目な5年女子

工作編からクッキング編へと1コマで両方作ります。
園児さんが90分、小学生は120分。

Kawaiiすしをつくりましょう~!

一人分の材料こんな感じ。
綿球(30mm)をネットで買えたのが、この工作のポイントです。
いくらは赤いストロー(IKEAの在庫がなくなってアスクルで注文)

スタート前にセットしておくといいです。
エビは生徒さんにカットさせるなら型紙が要るかも。
初回、見せただけで切らせたら、続々と
「小っちゃくなっちゃった!!」
とエビらしからぬ物体が次々と・・・(笑)
 

フェルトを切りネタにします。
海苔は黒マスキングテープが便利。

卵の焼き目を描いたり、脂をのせたり。。

初サマーの小1くんたち、がんばったよ。

年少年中さん、できた~!

お土産みたいー!

「シモシモー?」・・・ちょ!!

本物に見える?
 

英会話につなぎます

レストランやファーストフードで使える注文会話です。
チャンツでポンの「Fast Food」には、ハンバーガーショップと
アイスクリーム屋さんの会話が入っています。

NYのスシレストランで、カウンター注文のイメージです(笑)。

定冠詞なしの材料名でいいようです。
I’ll have salmon.
I’ll have salmon roe.
I’ll have tuna.
I’ll have a cucumber roll.

のような感じですね。
rollのときは可算名詞になるので、a roll かrollsがいいかも。

もちろん、Salmon, please.もOK

【寿司シェフと、持ち帰り寿司を自ら詰める客】
という設定で会話練習(笑)

小1は一斉にかわいく。
Salmon, please.
OK. Here you are.
Thank you.
とひとつずつ

5年生は I’ll haveの文型で
「せっかちな客と仕事の速い寿司職人の怒濤の注文ごっこ」
になりました。

みんな笑いが止まらず・・・。

6年女子作品。
さすが、きれいに仕上げます!!。

ここまでで前半終わり。

後半は、食べられるお寿司のクッキングへと続きます。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャンツと歌で楽しく伸ばす けこりん英語教材 ポンシリーズ
幼児・小学生英語の会 サロン de ポン

プロフィール

藤林恵子プロフィール写真

藤林恵子
(ふじばやしけいこ)

京都市出身。上智大学外国語学部英語学科卒業。通訳ガイド国家資格、英検1級などの資格を持つ。在学中、ミズーリ州立大学コロンビア校へ留学。卒業後は企業の役員秘書を経て、専門学校の英語講師を務める。米国コネチカット州で5年間過ごした後、横浜で2001年6月から英語教室を始める。子ども向け英語教材『チャンツでポン!』『ダンスでポン!』『英単語でポン!』『英単語でポン!センテンス・会話編』など多数。

詳細なプロフィールはこちら

LINE のスタンプ「おうち会話でポン!」

おうち会話でポン!

家族でよく使うセリフが入力済み。イラストレーターあさこ作のキュートなママとネコで、ポンポン!と軽快にスタンプ会話ができます。

LINE STORE
ページ上部へ戻る