まずは頻出動詞から攻める!「中学英語55の定番動詞」 

有子山博美先生の「イラストでわかる! どんどん話すための中学英語55の定番動詞」のご紹介です。

最も頻繁に使う「動詞」の使い分けができてないと、英語力にすぐ「?」がつけられてしまいます。
ぶっちゃけ名詞は覚えていなくて言葉につまっても、「度忘れ」ってことで
ごまかせたりしますが、動詞の使い方がおかしいと。。。><(痛)

140914romybook

日常会話で必ず出会う最頻出の動詞から攻める!
なんと効率がいい!

洋画や海外ドラマから抽出した英語表現のデータベースをお持ちの博美先生が選ばれた英文は
1000以上。そうそう!コレコレ!声に出して読んでいくとなんか気持ちいい感じ。

教える立場だと、自分が使い分けられる、だけでなく、

その違いを簡潔に説明できることも求められます。

たとえば生徒さんから
「センセ~、 say  talk  speak ってぜんぶ「話す」?
look, see, watchってどれも『見る』じゃないんですか?
みたいな質問が飛んできたら?

例文を挙げて、簡潔に即答できますか^^;。

「えっと、sayがいう、talkが話す、speakがしゃべる、わかった?」
だけでは教科書の単語集レベルで、実際、使い分けは不可能ですよね・・・^^;;

そのあたりのイメージをイラストと短い説明と、魅力的な例文で教えてくれる本になっています。

140914romybookinside

“動詞の訳なんていくつもありますから、まずざくっと「どういうイメージなのか」
ジェスチャー入れて教えることをおすすめ。そこで、博美先生ご自身が描かれた
かわいいイラストが大ヒントになるわけです。

*  *  *

この本、中学生男子が勉強に飽きたときに、「じゃ、これ読みながら休憩!」と与えてみました。

予想以上に食いついて、ブツブツ音読して
「よしこれを今度アイツ(学校のALT)に使ってやろう・・」(ニヤリ)

なんていいながらどんどん読んでましたよ。

中学英語の動詞ですからほぼ知っている単語で、教科書にないような大人っぽい表現ができるんだと
知って知的好奇心をそそられたみたい。お世辞なんて言わない彼らが「面白いじゃん、コレ」と
言ってきたのですから。

英文は、無料ダウンロードの音声で、リピートやシャドウイングで練習できるそう。
良心的♪♪

英語の初心者はもとより、先生もなるほど!の一冊です。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャンツと歌で楽しく伸ばす けこりん英語教材 ポンシリーズ
幼児・小学生英語の会 サロン de ポン

プロフィール

藤林恵子プロフィール写真

藤林恵子
(ふじばやしけいこ)

京都市出身。上智大学外国語学部英語学科卒業。通訳ガイド国家資格、英検1級などの資格を持つ。在学中、ミズーリ州立大学コロンビア校へ留学。卒業後は企業の役員秘書を経て、専門学校の英語講師を務める。米国コネチカット州で5年間過ごした後、横浜で2001年6月から英語教室を始める。子ども向け英語教材『チャンツでポン!』『ダンスでポン!』『英単語でポン!』『英単語でポン!センテンス・会話編』など多数。

詳細なプロフィールはこちら

LINE のスタンプ「おうち会話でポン!」

おうち会話でポン!

家族でよく使うセリフが入力済み。イラストレーターあさこ作のキュートなママとネコで、ポンポン!と軽快にスタンプ会話ができます。

LINE STORE

最近のコメント

ページ上部へ戻る