東大入試(前期英語)解説から

駿台予備校 入試解答速報 東大(前期)英語 発表になりました。
http://www2.sundai.ac.jp/yobi/sv/sundai/sokuhou/sokuhou_D/1337369637595.html

東大の英語。すっごく難しいです。ザ・別っ格っ!
トリプルアクセル含むエイトトリプルみたいな、
こんなのまおちゃんしかできないっしょーーーー!的な入試。

でも私が毎年注目しているところがひとつだけあります。
「イラストや写真を見て、英会話を作る!」という問題。
何往復でもいいので、会話を50~70語で作れ、という問題です。
クリックで拡大します。

東大入試2014英会話

これが、今年の問題。大学つながりの駿台英語科の先生から情報を頂きました。
齋藤先生、武富先生、ありがとうございまーす!

今年のは背中側からで、人の表情が見えない地味な写真ですね。
わざとらしく添えられたわんこ、どうしましょう?(笑)

ね?こんなやわらかい問題、ちょっとうれしくなります。
模範解答は、駿台のリンクをたどって、問題2のAとBの2つのパターンで
お楽しみください。

なるほどー。Bは、飼い犬じゃなかったという設定ですね(笑)。

全問題の中で一番、簡単な部類だそうですが、これをノーミスで
書くのは大した力だと思います。(採点も大変だろうなぁ。)

・発想力  (往復会話をまとめる力)
・文章構築力(それを英語で言える力)
・文法力  (しょうもないミスをしない力)

私がかかわっている児童英語から、いつかこのレベルにつながる
蓄積ができたらいいなと思うわけです。

名付けて「大喜利こども英会話」^^v。
(ワタシノ・タンボニ・オミズヒッパッテ・イイデスカ?^^;)

イラストで会話を作ってみる練習の初歩はここから↓↓
★英ポンセンテンス会話編 会話イラスト教材(別の記事が開きます)
https://www.kekorin.com/keko-blog/2014/03/991/


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャンツと歌で楽しく伸ばす けこりん英語教材 ポンシリーズ
幼児・小学生英語の会 サロン de ポン

プロフィール

藤林恵子プロフィール写真

藤林恵子
(ふじばやしけいこ)

京都市出身。上智大学外国語学部英語学科卒業。通訳ガイド国家資格、英検1級などの資格を持つ。在学中、ミズーリ州立大学コロンビア校へ留学。卒業後は企業の役員秘書を経て、専門学校の英語講師を務める。米国コネチカット州で5年間過ごした後、横浜で2001年6月から英語教室を始める。子ども向け英語教材『チャンツでポン!』『ダンスでポン!』『英単語でポン!』『英単語でポン!センテンス・会話編』など多数。

詳細なプロフィールはこちら

LINE のスタンプ「おうち会話でポン!」

おうち会話でポン!

家族でよく使うセリフが入力済み。イラストレーターあさこ作のキュートなママとネコで、ポンポン!と軽快にスタンプ会話ができます。

LINE STORE

最近のコメント

ページ上部へ戻る